おかやま自転車ネットロゴ
自転車photo1 自転車photo2 自転車photo3

11月18日(火)、交通安全フォーラム

11月18日(火)13時から、

「交通安全フォーラム ー自転車の安全利用についてー」が、

岡山市コンベンションセンター3階で開催されます。

参加費無料。事前申込みをしなくても、

直接、会場に行けばよいそうです。

自転車レーンを走ろうーを実施


昨日11 月 8 日(土)、第7回「おかやま自転車さんぽ」ー 街中自転車レーンを走ろうーを実施しました。

自転車レーン新設の市役所通りや、西川通りの東側、あくら通りなどの自転車レーンのある道路を走り、その走行感などをチェックしました。参加者のみなさん、お疲れさまでした。

走行後の意見交換会では、走ったコースを順番に確認しながら、自転車レーンとしての表示のあり方などを話し合っていきました。国交省の小路さんらにも参加いただき、自転車レーンのあり方や走行の方法などについても情報提供いただき、たいへん有意義な会になりました。
※意見交換会の内容は別の機会に紹介します。

11月8日、岡山市街地の自転車レーンを走行

第7回「おかやま自転車さんぽ」ー街中自転車レーンを走ろうーを、下記の要領で実施します。

岡山市役所から岡山駅までの約1㎞の市役所通りに、「自転車レーン」が設置させました。
この新設の市役所通りや西川通りの東側、あくら通りの1部などの自転車レーンなどを走り、その走行感や危険個所がないかを確認します。ご参加下さい。走行距離は約9㎞です。

主 催  おかやま自転車ネット
日 時  11 月 8 日(土)10:00 ~ 12:00 ごろ 雨天延期
     石山公園(岡山市民会館北隣り) 9:45集合

参加費  300円(スポーツ保険代)
     ※急病、傷害、死亡、器物破損、自転車の盗難等、イベント中
      万一事故が起こった場合、またはこれに起因する後遺症が発
      生した場合など、主催者は一切の責任を負いませんので、そ
      の旨をご承知のうえご参加ください。
定 員  20人(定員になり次第締切り)

参加のお申し込みは、ホームページからメールで。
http://okayama-jitensha.net/

当日参加も歓迎です。走行後は、市民会館の304会議室で「意見交換会」をやります。


「吉備路自転車道マップ」の提言書をアップ

昨年、「吉備路自転車道サイクルロードマップ」を制作した後に、調査してくださった方々の意見をまとめて提言書を作成しました。この提言書では、吉備路自転車道の危険な個所や道路標識が見えなくなっている看板などを示しました。そして道路管理者である備中県民局と岡山市に、この提言書を2013年7月に直接、届けました。

この提言書の内容を、左のメニューの「吉備路自転車道サイクルロードマップ」の中で、ご覧いただけるようにしました。

改善されてることがあれば、報告していきたいと思っています。


エコマガジン「環境」で紹介

環境学習センター「アスエコ」発行のエコマガジン「環境」の2014年春号は、自転車特集「マイカー通勤からのシフトチェンジ」。

「おかやま自転車ネット」やサイクルショップなかやまの「ダックスフンド・女子部」の活動なども紹介されています。

お求めは「アスエコ」(岡山市北区下石井2-2-10)などで(無料)。

第5回「おかやま自転車さんぽ」

第5回「おかやま自転車さんぽ」のご案内です。
《開催要項》
今回は、西大寺軽便鉃道の廃線跡をたどります。
西大寺軽便鉃道は西大寺〜岡山まで11.4 kmの軌道がありましたが、昭和37年に廃線となりました。
後楽園−森下−(百間川)−藤原−大師−(東岡山)−財田−長利−(庄内川)−大多羅−広谷−(砂川)−西大寺
岡山側の始発駅「後楽園駅」は、現在の夢二郷土美術館のある場所。ここから出発して、地図を頼りにブッ付け本番で、探りながらたどっていきます。西大寺駅までたどり着けなければ次回に持ち越します。
日時:3月15日(土) ※雨天中止
集合時間:10時 (解散は13時ごろ)
集合場所:夢二郷土美術館前
参加費:無料(昼食は各自で実費)
※各自で自転車保険等に加入して参加下さい(万が一事故の場合は自己責任となります)。
参加希望の方はメッセージをください。
よろしくお願いします。

岡山市内で「バイクビズ会議」

 2月14日、岡山市内で「バイクビズ会議」が開催され、都市交通計画に詳しい岡山大大学院の橋本准教授が、自転車が安全に走行できる空間づくりについて講演 したそうです。同准教授は、自転車の走行空間の整備について、「自転車レーンがまっすぐスムーズに走れなければ誰も利用しない」として、自転車レーンなど の幅員確保と路上駐車対策の必要性を訴えたようです。
早期に自転車レーンを敷設して、全国有数の「自転車先進都市」を目指してほしいと思います。おかやま自転車ネットとしても、支援したい気持ちでいっぱいです。
http://urx.nu/6KpM

第4回「おかやま自転車さんぽ」

第4回「おかやま自転車さんぽ」のご案内です。

《開催要項》
今回は、吉備路自転車道を通って、今話題の「千足古墳」の現地説明会に参加して、周辺の造山古墳などを巡ります。
千足古墳は古代の文様である「直弧文」の装飾石室で話題になり、最近では新たに横穴石室が確認されました。2月1日13:30〜、岡山市教委文化財課による現地説明会があります。
周辺にある造山古墳やその陪塚なども巡ります。

日時:2月1日(土) ※雨天中止
集合時間:12時(昼食は各自で済ませて参加ください)
集合場所:岡山県営グラウンド武道館前
参加費:無料
※各自で自転車保険等に加入して参加下さい。
よろしくお願いします。

自転車は車道の左側走行が原則

自転車は車道の左側走行が原則。車道の右側を走ると、道路交通法違反となる。路側帯の白いラインの内も外もダメ。

12月1日から改正道路交通法が施行され、車道の右側を走ると違反となり、左側通行が義務づけられた。違反した場合は、3カ月以下の懲役または5万円以下の罰金が科される。自転車は車道が原則で歩道は例外。歩道を走行するときは歩行者優先で、車道寄りを徐行なければならない。(自転車安全利用5則)。
http://urx.nu/5TgG

自転車左側通行、ルール浸透課題 岡山県警、悪質違反摘発も

写真拡大写真拡大

 道路の路側帯を走る自転車に、車と同様に左側通行を義務付ける改正道路交通法が1日、施行された。自転車が絡む事故の減少が期待されるが、ルール 浸透が課題。岡山県警は、学校への通知の徹底や街頭での啓発・指導などを通じて順守を呼び掛けるとともに、悪質な違反は厳しく取り締まる方針。

 自転車は道交法で軽車両に分類され、車道では車と同じく左側通行が義務付けられている。路側帯は、歩道のない道路の脇を白線で区切った歩行者用の 通行スペース。同法で「自転車も通行できる」とされ、車道ではないため左右どちらでも走行できた。このため自転車同士や車、歩行者との衝突、交差点での出 会い頭の事故などを招くとして、その危険性が指摘されていた。

 今回の改正で車道、路側帯を問わず「左側通行」という原則を徹底させ、事故抑止を図る。違反した場合は3カ月以下の懲役または5万円以下の罰金が科される。

 一方通行の場合でも、車の進行方向にかかわらず左側を走らなければならない。

 原則3メートル以上の幅があり、乗り入れが許可されている歩道はこれまで通り左右どちらでも通行できる。

 県警はルール周知に向け、11月から県教委などと協力して県内全ての小中高校に改正内容を記した文書を順次送付。地域での交通安全講習などで説明するほか、啓発ちらしを20万枚作製し、警察署を通じて県内の市町村や関係団体などに配布する。(山陽新聞、2013/12/3 )

「バイコロジーシンポジウム2013」



「バイコロジーシンポジウム2013in自転車先進都市おかやま」(主催:岡山県バイコロジーをすすめる会等)が、11月16日(土)13:30~、岡山大学自然科学研究科棟で開催されます。

◎日時  平成25年11月16日(土)  13:30~16:30
◎会場  岡山大学自然科学研究科棟 2階大講義室
       ※岡山大学東門よりご入場ください
★ご来場の際は公共交通機関もしくは自転車でお越しください★
◎内容(入場無料)
基調講演  13:50~14:50
 『自転車が安全に走行できる空間づくり 』
  講師:岡山大学大学院環境生命科学研究科  准教授  橋本 成仁 氏
パネルディスカッション  15:00~16:30
 『岡山市における自転車利用環境について 』
 ●パネラー
  岡山大学大学院環境生命科学研究科  助教  氏原 岳人 氏
  岡山県警察本部  交通部参事官  香山 直人 氏
  山陽放送株式会社  編集制作局テレビ制作部  国司 憲一郎 氏
  自転車輪行エッセイスト  沼尾 ひろ子 氏
  一般財団法人日本自転車普及協会  常務理事  渋谷 良二 氏
  岡山大学  学生  吉原 沙也佳 氏
 ●コーディネーター
  岡山大学大学院環境生命科学研究科  准教授  橋本 成仁 氏
詳細は、http://urx.nu/5xLi